木の家

■Dボルト
構造材の現しの意匠では、接合部をどうするかというのは、非常に悩ましいです。
Dボルトは接合強度、すっきりとしたデザイン、など非常に優れています。
木材の芯でしめることで、確かな力の伝達が行えます。

予算の関係で、「タナカ/パイプ羽子板かくれんぼ」どを使うこともあります。
Dbolt.jpg