構造材について

 現在木造住宅では、構造材は隠れて見えなくなってしまうので、住まい手の関心は薄いのが一般的です。ハウスメーカーの展示場に行って、生の構造材に接することはあまりないと思います。しかし、隠れた部分が重要なのが世の常で、家が長持ちするかどうかかは構造にかかっているといっても過言ではありません。
 一般的な国内の住宅事情では、米松・米栂などに代表される外国産の材料に頼っています。それは日本の流通を考えてコストを優先し、大量の木材を大量に購入するという市場原理から端を発していると思います。
 一方では、日本国産の木材を使う選択肢があることを、忘れてはなりません。十分に成長した木は伐採して、新たに若い木を植林することで森林全体の炭酸ガス吸収能力を高める必要があります。やみくもに「木を伐採するな」というのは、我々の生活に必要な資源の問題を無視することになるのです。人工林を活性化させ、大気中の炭酸ガスを減らすためにも、木材資源を積極的に有効活用する必要があります。
最終的には、コストとの兼ね合いになると思いますが。許されるかぎり国産材を使いたいところです。なお、日本で一番豊富で値段もこなれているのは「杉」です。
20090812_yamanashi_2403_w640.jpg